雨漏りからの漏電でブレーカーが壊れた

あれはたしか、雨が多く降っていた日でした。私の家は古く、所々雨漏りをしているところがありました。それでも家の補強によって、その雨漏りもなくなっていたんです。
ですがとある日、突如、家が停電しました。私の住む町はよく停電が起きていたので、「また停電か?」そう思っていたんです。
しかし、1時間以上経っても復旧するような様子は見受けられません。「もしかしてブレーカーが落ちたのかな?」そう思い、ブレーカーを確かめてみましたが落ちている感じでもありませんでした。
これにはさすがの私も首を傾げました。問題追及のために隣の家へと向かい、停電していますかと尋ねてみたが、停電はしていませんよと返される。一瞬頭が混乱したが、一言感謝を述べ家へと帰宅。
「いったいどういうことだろうか?」、わけもわからずパニックになりかけたが、まずは知人の電気屋に相談してみようとすぐ電話を掛けた。
知人は「すぐに向かう」と言ってくれて後はただ待つのみ。その後は本当にすぐに来てくれて、ブレーカーを調べてくれた。
そして原因発覚。雨漏りによってブレーカーが漏電してしまったらしい。ここで更なる問題も発生する。
漏電ブレーカーを新しいブレーカーに替えないといけないのだが、私の家で使っているブレーカーはすごく古く、もう販売していないのだ。
「えっ、じゃあどうすればいいの?」と表情を暗く仕掛けた私だったが、そこで知人が「ちょっと戻って在庫が無いか確かめてくる」。
そう言って車で戻っていった。
数分後、電話で在庫があったからこれで変えることが出来るよと何とか事なきを得た。
そして原因の雨漏りも直接上から垂れてきたわけではなく、用途不明のコード(何処にも配線がつながっていない)から伝って水が垂れてきたようなのだ。あとはそのコードをどうにかして、雨漏りもあとで修理すれば問題ないので、ひとまずは解決したのであった。
このときは本当に知人助けられた。

雨漏りからの漏電でブレーカーが壊れた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です