天井からまさかの雨漏り

私が結婚前に住んでいたのは大きな集合団地です。
どの部屋もほぼ同じような造りをしており、小さな部屋を2つ組み合わせて一緒にした「2戸1」と呼ばれる部屋でした。
造り自体はコンパクトでしたが、玄関とトイレが2つ合ったりして生活するにはとてもしやすい家でした。

我が家はベランダに洗濯機を置いていつも洗濯していましたが、上の階に住んでいた住人はどうやら違ったようでした。
というのも、上の階の水トラブルで我が家は大変な目に合ったのです。

ある朝目が覚めると、部屋の中に雨が降っていました。
我が家は3階、団地自体は4階まであるはずなのに、天井から雨漏りがしているのです。

急いで上の人に確認すると、なんと洗濯機の水漏れで部屋中が水浸しになったという事でした。
その住人は部屋の中に洗濯機を置いて使用していたのです。
排水が上手くいかず、水が溢れ出してしまったという事でした。

天井から雨漏りをしていたのは我が家で寝室に使っていた部屋でした。
おかげで布団はびしょぬれ、床を伝ってしみ込んだ水はとても汚れており、布団は使い物になりません。

結局,水漏れトラブル業者に依頼し、洗濯機をベランダに移し、部屋は自力で何とかしたとの事でしたが、しばらくは水がポタポタと降ってきて、洗面器やバケツで水を受けながらの生活が続きました。

集合団地の水トラブルは、即刻退去にもなりかねません。
そもそも何故排水機能もない部屋で洗濯機を使っていたのか、未だに理解出来ません。

天井からまさかの雨漏り

雨漏りからの漏電でブレーカーが壊れた

あれはたしか、雨が多く降っていた日でした。私の家は古く、所々雨漏りをしているところがありました。それでも家の補強によって、その雨漏りもなくなっていたんです。
ですがとある日、突如、家が停電しました。私の住む町はよく停電が起きていたので、「また停電か?」そう思っていたんです。
しかし、1時間以上経っても復旧するような様子は見受けられません。「もしかしてブレーカーが落ちたのかな?」そう思い、ブレーカーを確かめてみましたが落ちている感じでもありませんでした。
これにはさすがの私も首を傾げました。問題追及のために隣の家へと向かい、停電していますかと尋ねてみたが、停電はしていませんよと返される。一瞬頭が混乱したが、一言感謝を述べ家へと帰宅。
「いったいどういうことだろうか?」、わけもわからずパニックになりかけたが、まずは知人の電気屋に相談してみようとすぐ電話を掛けた。
知人は「すぐに向かう」と言ってくれて後はただ待つのみ。その後は本当にすぐに来てくれて、ブレーカーを調べてくれた。
そして原因発覚。雨漏りによってブレーカーが漏電してしまったらしい。ここで更なる問題も発生する。
漏電ブレーカーを新しいブレーカーに替えないといけないのだが、私の家で使っているブレーカーはすごく古く、もう販売していないのだ。
「えっ、じゃあどうすればいいの?」と表情を暗く仕掛けた私だったが、そこで知人が「ちょっと戻って在庫が無いか確かめてくる」。
そう言って車で戻っていった。
数分後、電話で在庫があったからこれで変えることが出来るよと何とか事なきを得た。
そして原因の雨漏りも直接上から垂れてきたわけではなく、用途不明のコード(何処にも配線がつながっていない)から伝って水が垂れてきたようなのだ。あとはそのコードをどうにかして、雨漏りもあとで修理すれば問題ないので、ひとまずは解決したのであった。
このときは本当に知人助けられた。

雨漏りからの漏電でブレーカーが壊れた